10日間正しい方法で断食したら効果は?体重は?

10日間ともなると、もはや修行僧ですw

完全に断食上級者の仲間入りコースですね。

10日間の断食に回復食が10日間つきますから、計20日!!

これは正直、なかなか勇気が要りますよね。

今回は、勇気を振り絞った結果、10日間断食でどの程度の効果が得られるのか調べてみました。

10日間断食の方法は?

geralt / Pixabay

10日間断食のやり方を最初に確認しておきましょう。

流れとしては、準備期⇒断食⇒回復食期という流れですね。

準備期は、断食に入る前の準備運動です。ジェットコースターでも、いきなり落ちられるとめっちゃ怖いですよね。(今更ながらUSJのジュラシックパークやばかったですw)緩やかに長ーく落ちてくれた方が、まだ恐怖が少ないはずです。

ということで、準備期間は断食でいきなりカロリーを落とさないように、予め食事を控えておく期間になります。

理想は玄米菜食ですね。パッと見た時に「うわー、質素だなー」と思うくらいがちょうどいいと思います。

次に断食期間ですが、今回は10日間プランでしたね。

正直、自宅でやるのはあまりお勧めできません。ちょっと自分1人でやるには長いかなーと思います。休みなどを活用して、断食道場に入るといいでしょう。

だからといって、自宅で出来ないことはありません。1週間の断食にもう慣れてしまって、10日断食にチャレンジという方ならいいんですが、初心者がいきなり10日間は危ないよってことです。

道場でも自宅でもやることは変わりありませんからね。酵素ドリンクを飲んで安静にするだけですし。(笑)

断食10日間が終了したら、回復食期間です。

強いて言うと断食道場がいいのは、この回復食の栄養にこだわっているところです。自宅でやろうとすると、結局めんどくさがって、大したものは作れないんですが、道場は席に座ったら、完璧な栄養バランスの食事が出てくるので、めんどくさがりの方にはおすすめかもしれないです。

特に10日間も断食するとなれば、10日×3食=30食分作らなければいけないので、悲惨ですよね。

安全・手間のことを考えると、断食道場がいいかもしれません。

自宅でやる場合は、水分摂取などに注意し、酵素ドリンクで栄養補給も行いながら慎重にやってください。

Sponsored Link

10日間断食で得られる効果は?

EME / Pixabay

10日間断食だと、断食本に載っているような効果はほとんど実感できるんじゃないでしょうか。

断食すると、免疫細胞が動きだし、癌さえ治すと言われていますが、癌細胞をやっつけるまででも20日~30日間ほどです。

免疫力はかなり向上していると思われます。

風邪を引きにくくなったり、引いてもすぐに完治させるくらいには自然治癒力が上がっていると思いますよ。

僕は1年間断食しています(1日1食)が、実際風邪を引いても長引くことはまずありません。

ただし、風邪を既に引いている人は、断食し始めないでください。

失敗する可能性が高いですし、危険なので、完治してからチャレンジするようにしましょう。

 

PAGE 1 PAGE 2

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す