断食の回復食に決まって大根おろしがある理由。

断食を終えたらいよいよ回復食へステップアップです。

口に入れるものすべてが美味しく感じる瞬間です。

質素ながらも、食事を楽しめることに感謝の気持ちが湧いてくるでしょう。

さて、そんな回復食ですが、断食道場に行っても、大根おろしって結構な確率で食卓に並ぶんです。

なぜなんでしょうね。今回は、大根の健康効果について調べてみました。

sponsored link

断食の回復食には大根を入れよう!

消化酵素がたくさん

Hans / Pixabay

大根には食物酵素がたくさん含まれています。

リパーゼ、プロテアーゼ、アミラーゼの3つです。

リパーゼは脂肪を消化する役割。プロテアーゼはタンパク質を消化する役割。アミラーゼはでんぷんを消化する役割をそれぞれ担っています。

回復食期間も含めて断食です。

まだまだ内臓器官を休めておきたい段階なので、食物酵素を摂取するのはとてもいいことなのです。

食物酵素を摂ることで、体内の消化酵素を助けてあげることができ、内臓の負担を減らすことに繋がるからです。

便秘改善

食物酵素と食物繊維を豊富に含んでいるので、お通じが非常に良くなります。

美容効果も

ビタミンCが豊富なので、抗酸化作用(アンチエイジング)とコラーゲン生成の効果が期待できます。

また、大根の辛みのもとであるイソチオシアネートという成分も含まれており、老化防止や血液浄化、活性酸素除去もしてくれるので、美容効果も満載というわけです。

 

PAGE 1 PAGE 2

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す