一日一食は体調を崩すから危険らしい!?

一日一食を実践しようと思っている方もいると思いますが、逆に太ってしまわないか心配ですよね。

管理人は、1年以上一日一食でやってきていますが、今のところリバウンドはありません。

これはまぁ、ずっと一日一食なので、3食に戻していないからとも言えるかもしれませんが。

今回は、一日一食生活でリバウンドしない、体調を崩さないにはどうしたらいいかをお伝えしていきます。

Sponsored Link

一日一食で体調を崩す危険が!?

mintchipdesigns / Pixabay

 

まず、一日一食についてやり方を知らない方はこちら(➡南雲吉則に学ぶ1日1食健康ダイエット方法を伝えます!)を参考にして下さい。

一日一食の正しいやり方を踏まえたうえで、何故体調を崩すと言われているのかについて述べていきたいと思います。

体調を崩してしまう原因は2つ考えられます。

1つは、1日1食にすることで、我慢していた食欲が爆発し、ドカ食いしてしまうこと。

2つ目は、1食の質が3食の前と変わらず、栄養バランスが取れていないことです。

この2つは確かにある程度正しいと思います。

ドカ食いについては、こちら(➡一日一食は痩せない!?)で書かれているように、間食を上手く取り入れることで、解決できると思います。

間食したら一日一食じゃないじゃん!という意見は尤もなのですが、ゆるーく続けていくことが一日一食のコツです。

問題なのは、一食の質についてですね。

一日一食を推進している南雲吉則先生は、玄米菜食を勧めています。

これは、玄米の栄養価が非常に高いからです。➡健康効果がもの凄い!酵素玄米ご飯とは?玄米と何が違うの?

玄米菜食にすることで、一日の栄養バランスを上手くとれているんですね。

一日一食にしたにも関わらず、インスタントフードやジャンクフードで済ましていては、体調を崩すのも無理はありません。

必要なビタミンやミネラルがちゃんと摂取できずに、添加物ばかり体にかきこんでいるわけですから当たり前です。

 

PAGE 1 PAGE 2

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す