ファスティングに使う酵素ドリンクを手作りするメリット&デメリット

今大人気のファスティング。芸能人も次々と挑戦しています。

「この機会に便乗しよう!」って方もおられると思いますが、必要なのが酵素ドリンク。

これが結構高いんですよね。

ピンキリとは言え、一本3000円以上はしますから、定期的に続けようと思ったらお金がかかりますよね・・・。

ということで「じゃあ、手作りしよう!」という発想になるわけですが、もちろんメリットデメリットあります。

今回は、酵素ドリンクを手作りすることに関してちょっと紹介していきたいと思います。

酵素ドリンクを手作りするのに必要な物

そもそも酵素ドリンクを作ろうという方も、お金が掛かります。

どっちが得なのかと言われれば、微妙なところです。

ファスティングをどのくらい継続してやっていくのかにもよります。

それは、この記事を読んでから判断してみてくださいね。

さて、必要な物ですが、酵素ドリンクを作るのに必要な材料はもちろんのこと、コイツが必要になります!

そう、ジューサーです。

「もう、持ってるぞー」という方はどれくらいおられるんでしょうね。

しかもこれ、今流行りの低速式ジューサーじゃないと自宅で酵素ドリンクを手作りするメリットが活かせませんので、「もう持っているよ。」という方はホントに少ないんじゃないでしょうか。

これもピンキリなんですが、ある程度良いものを買っておかないと、搾り取れる果汁が少なくなってしまったり、すぐに壊れたりと後々後悔することになります。

あとはそうですねー。

出来上がった酵素ドリンクを入れておく容器なんかが必要なくらいでしょうか。

とにかく、ジューサーを買っておけば準備万端なんですが、これは安い買い物になるんでしょうかね。

Sponsored Link

ファスティング用酵素ドリンクの作り方

condesign / Pixabay

ここで、ざっと作り方の流れを説明しておきますね。

1.材料を重曹で洗う。

バイ菌が入ると発酵した時に悲惨ですので、重曹で良く洗います。

2.材料を細かくカット。

カットしておいた方が、よく発酵しますので、ざく切りでいいですが、カットしておきます。

3.材料を容器へ。

カットした材料と砂糖を1:1の割合で容器に詰めていきます。

4.定期的に混ぜる。

発酵を満遍なく進めるため、定期的に材料を混ぜます。

5.発酵を待つ。

後は発酵を待つのみです。季節にもよりますが、10日以上は見ましょう。

6.こす

発酵したらカットした材料は邪魔なので、ざるで濾していきます。これで容器に入れて完成です。

以上のような流れで行っていきます。

しかし、材料を少し代用したり、かき混ぜるのが少なかったりするとそれだけで失敗してしまうようです。難しいんですねー。

 

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す