断食の回復食にピッタリな果物・フルーツ達。

断食の回復食にフルーツを使うのもいいでしょう。

回復食を何度もとらないといけない場合は、デザートとして1品加えることも出来ます。

ただ、やはり初めはおかゆ1杯で頑張ってほしいですけどね・・・。(笑)

さて、フルーツにも色々ありますが、一体どれが回復食向けなんでしょうか?

調べてみました。

sponsored link

フルーツを断食の回復食に取り入れる時の注意点

フルーツを摂ろう!といっても、闇雲に好きな物をというわけではありません。

回復食期間は、胃腸も敏感になっていますから、出来るだけお腹に優しいものを選びましょう。

①基本的にフルーツは1種類

基本的には1食に1種類のフルーツということにします。

フルーツによって含まれている酵素が異なり、複数摂ると、これらが反発してしまうことがあります。

②出来ればジュースで

固形のまま食べるよりは、ジュースで頂いた方が消化しやすく、お腹に優しいのでオススメです。

しかし、満足感は少ないかもしれませんので、その場合はそのまま食べても大丈夫ですよ。

③体を温めるフルーツを

熱帯で育ったフルーツ(バナナ・パイナップル・マンゴー・すいか・みかん)は、体を冷やす性質があります。

体を冷やすと腸の動きが鈍くなり、十分にその機能を発揮できなくなる可能性がありますので、体を温めるフルーツを摂るようにしましょう。

julenka / Pixabay

具体的にはりんご・ぶどう・ さくらんぼ・オレンジ・いちじく・あんず・桃などですね。

りんごには整腸作用があり、ぶどうには抗酸化作用があります。

さくらんぼはカロチンが豊富で肌荒れ予防になりますし、オレンジはビタミンPが含まれていて血液をサラサラにしてくれます。

等々、それぞれ栄養価が高く、体を温めてくれるので断食の回復食向けと言えるでしょう。

しかし、体を冷やすフルーツを全く摂ってはいけないかというとそういうことではありません。

工夫次第では、全然食べてもらっても大丈夫です。

つまり、体を温めるものと一緒に摂ってもらえば、全く問題ないのです。

体を温めてくれるドリンクなんかもオススメですね。

例えば、ゴボウ茶

ゴボウには栄養がいっぱいです。1日1食を勧めている南雲先生もゴボウを積極的に取り入れています。

ご存じの通り、食物繊維は蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にしてくれますし、アルギニンには体の代謝機能を向上させる働きがあります。

加えて、アスパラギン酸は老廃物の処理に役立ちますから、ゴボウはまさに断食向け食材といえるでしょう。

ゴボウ茶を飲みさえすれば、少々体の冷えるフルーツを摂っても大丈夫だと思いますよ。

 

PAGE 1 PAGE 2

Sponsored Link
Sponsored Link

当サイトオススメの酵素ドリンク(※スマホの方は右にスクロールすると見れます。)

Fixr Express Pip Camera_1453439394896

 優光泉
 価格  7,992円/1100ml
オススメ度
特徴 完全無添加・返金保証・原液100%
レビューページを見る
断食経験者の話を聞く
 IMG_20160201_153636
 毎日酵素
 価格  6,980円/720ml
オススメ度
特徴 完全無添加・原液100%
レビューページを見る

 

IMG_20160201_152057

 野草専科
 価格 2,940円/360ml
オススメ度
特徴 完全無添加・原液100%
レビューページを見る

 

案内
巻物 薄い緑 巻物 青 巻物 赤
巻物 紫 巻物 ピンク 巻物 緑
318829

コメントを残す