半日断食でコーヒーはやっぱ飲んじゃダメ?に答えます。

断食で辛いのが、コーヒーがNGだということ。

コーヒー大好き人間である僕も、ここがネックとなっていました。

本格的な断食ではNGなコーヒーですが、半日断食でもやっぱり飲んではいけないんでしょうか?調べてみました。

コーヒーは体に良い飲み物

jarmoluk / Pixabay

コーヒーは体に悪いイメージがある方もいるかと思いますが、実は使い方さえ間違えなければ、健康的に優れた飲み物なんです。例えば、以下のような効果があります。

リラックス効果

コーヒーの香りは、人をリラックスさせてくれます。香水を比較するときの鼻休めにも使われますよね。

これは科学的にも証明されているらしく、コーヒーの香りを嗅ぐと、脳からα波が発せられ、それによってリラックスできるんだそうです。

ちなみにこのα波は、断食によっても発せられる脳波です。集中したい時にコーヒーを飲んだり、断食すると効果的ですよ。

脂肪を分解してくれる

これはアスリートなら誰もが知っている常識です。

コーヒーは脂肪を分解するための酵素を刺激する働きがあり、運動の30分前に飲んでから有酸素運動をすると、効率的に体脂肪を減らすことが出来ます。

飲んだだけで痩せるってことはありませんが、身近で使いやすいダイエット食品の1つですね。

病気予防にも

糖尿病や肝臓疾患の予防にもなると言われています。

また、コーヒーを頻繁に飲む人は全く飲まない人に比べて心疾患になるリスクがかなり低いという研究データも出ています。

コーヒーの中に含まれているクロロゲン酸による効果だと言われていますね。

活性酸素を除去

今巷で流行している水素治療。あれの目的は、活性酸素を減らすことにありますね。活性酸素を除去することで、生活習慣病のリスクを減らしたり、アンチエイジングにもなると言って注目が集まっています。

その活性酸素がコーヒーでも低減できることがわかっています。コーヒーが体に悪いってイメージは単にタバコと合うから植え付けられたものなのかもしれませんね。

Sponsored Link

断食でコーヒーがダメな理由

これだけ健康効果の高いコーヒーですが、なぜ断食中はNGとされているのでしょうか。

それは胃酸を過剰に分泌してしまうからなんですね。

普段であれば、胃酸分泌は消化に役立っていいのですが、断食中となると話は別です。

お腹の中に何も入っていない状態でコーヒーを流し込むと、胃酸は胃自体を傷つけてしまいます。胃で内部出血が起こると、吐血なんてことも有り得るので、十分注意しましょう。

アルコールに関しても同様ですね。

で紹介していますが、胃が分泌した胃酸が自分を傷つけてしまう可能性があるので、断食中は酒類が禁止されています。

 

PAGE 1 PAGE 2

Sponsored Link
Sponsored Link

当サイトオススメの酵素ドリンク(※スマホの方は右にスクロールすると見れます。)

Fixr Express Pip Camera_1453439394896

 優光泉
 価格  7,992円/1100ml
オススメ度
特徴 完全無添加・返金保証・原液100%
レビューページを見る
断食経験者の話を聞く
 IMG_20160201_153636
 毎日酵素
 価格  6,980円/720ml
オススメ度
特徴 完全無添加・原液100%
レビューページを見る

 

IMG_20160201_152057

 野草専科
 価格 2,940円/360ml
オススメ度
特徴 完全無添加・原液100%
レビューページを見る

 

案内
巻物 薄い緑 巻物 青 巻物 赤
巻物 紫 巻物 ピンク 巻物 緑
318829

コメントを残す