肌断食におすすめの日焼け止め5選!

肌断食中に気になるのが、やっぱり紫外線。

メイクも日焼け止めも基本的にはNGなのですが、シミが増えてしまっては意味がないので、ある程度UVも気にしていかないといけません。

今回は、出来るだけ肌に優しくて落としやすい日焼け止めを紹介したいと思います。

日焼け止め以外のUV対策

日焼け止めを使わずにUV対策出来ればそれが一番ですよね。

毎日、日焼け止めべった塗りでは肌断食にならないので。(笑)

ということで、初めに日焼け止め以外でのUV対策法を紹介しておきますね。

基本的なものばかりですが、一応。

ちょっとその辺を出掛けてくるくらいなら、日焼け止めなしで帽子でもかぶっておけば大丈夫だと思います。

真夏以外はそう気にする必要もないでしょう。

肌断食におすすめの日焼け止めとは

Ana_J / Pixabay

化粧品にもUV対策効果があるものが多いですよね。

普段はメイクしているので、日焼け止めをしなくとも大丈夫でしたが、肌断食中は完全無防備。

日差しの強い日なんかはやっぱり日焼け止めが欲しいかなーという気になります。

しかし、日焼け止めは紫外線吸収剤というものが入っていることがほとんどで、これがなかなか肌に厳しい成分なんだそう。(笑)

肌の代わりに紫外線吸収剤が紫外線を取り込んでくれるというものなんですが、敏感肌の方がつけると肌荒れしてしまうこともあるので、注意が必要です。

紫外線対策としては、、、

日焼け止め>薄化粧&帽子・マスク>帽子・マスク と考えておいてください。

化粧品で、クレンジング無しでも落ちるものなら、日焼け止めを使うよりは肌への負担を減らすことが出来ますからね。

肌に優しいメイク用品はこちらで紹介しています。

良かったら参考にして下さい。

Sponsored Link

日焼け止めの選び方

では、日焼け止めの選び方ですが、チェックすべきは以下の項目

☑SPFが高すぎない

☑簡単に落とせる

☑成分がシンプル

この3つを気にして日焼け止めを選んでいきましょう。

SPFが高いものはその分どうしても落ち辛くなってしまいます。

肌に染みこまれると厄介なので、SPF低め&落ちやすいものを選びます。

あとは、帽子とマスクでカバーしていくしかないですね。

それと色々な成分が詰め込まれているものは避けた方がいいです。

まず間違いなく肌に悪いのでw

出来ればワセリンベースになっているものが見つけられるといいですね。

 

PAGE 1 PAGE 2

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す