補酵素・酵素の違い!

酵素と補酵素、名前は似ていますが、全くの別物です。

何がどう違うんでしょうね?

今回は、酵素・補酵素についてそれぞれ調べてみました。

酵素と補酵素の違い

e71993933f8a09c159f31e955a8198db_s

酵素は、タンパク質から出来ていて、消化・吸収・排泄に至るまで、あらゆる生命活動に役立っています。

しかし、実は単体で活躍できる酵素は少なく、その多くは補酵素のサポートが必要になります。補酵素とは、主にビタミンやミネラルのことですね。

酵素は補酵素と結びつくことで、初めて力を発揮できるわけです。

これらは2個揃ってようやく1人前なんですね。

Sponsored Link

補酵素にはこんなものがある

補酵素はビタミン・ミネラルのことだと言いましたが、具体的にどんなものがあるのか、見ていきましょう。

  • ビタミンB1:糖をエネルギーに変換する
  • ビタミンB2:脂肪を代謝するのに必要
  • ビタミンB3:脂肪・たんぱく質の代謝に必要
  • ビタミンB5:脂質・糖質・たんぱく質の代謝に必要
  • ビタミンB6:アミノ酸・たんぱく質の代謝に必要
  • :活性酸素の除去に必要
  • マンガン:身体の成長に必要
  • :呼吸に必要
  • 亜鉛:皮膚の健康維持に必要
  • マグネシウム:糖質・脂質・たんぱく質の代謝に必要
  • コエンザイムQ10:三大栄養素からエネルギーを生み出すのに必要

以上が主な補酵素の正体です。

大豆製品・魚類・海藻類・キノコ類に多く含まれていますね。

納豆は発酵食品で、酵素も含んでいるので一石二鳥です。

魚類は確かに補酵素を含んでいますが、消化するときに消化酵素をたくさん使ってしまうので、食べ過ぎには注意ですよ。

酵素だけに気をつけるのではなく、補酵素を意識した食生活を心掛けるようにしましょう。

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す