石原結實が運営する伊豆の断食道場が凄いと口コミで話題に。

石原結實先生ってご存知でしょうか?

断食界ではかなり有名な方で、本も数百冊書かれている方なのですが。

僕も1冊石原先生の本を持っていて、勉強しているので、当然このブログも石原先生の影響を受けています。

石原先生は、本だけでなく「ヒポクラティック・サナトリウム」という断食をするための保養所を設立して、運営しています。

これがかなり評判で、女優の小雪さんや石原都知事も愛用していた様ですね。

今回はそんな人気の断食道場?保養所の「ヒポクラティック・サナトリウム」について紹介していきたいと思います。

sponsored link

石原結實ってどんな人?

プロフィール

長崎市生まれ。長崎大学医学部(卒)及び同大学院博士課程(修了)。
幼少時より虚弱でよく発熱し、高校時代は慢性の下痢で悩まされた。大学に入り「西式健康法」に出会い、青汁(キャベツジュース)で改善。二木謙三博士(東大医学部内科教授)や森下敬一博士(現・お茶ノ水クリニック院長)の著書に感銘を受けて玄米食を始め、諸症状が完治。ウェイト・トレーニングも始めて、更に体調が向上。こうした経験が自然医療を目指すきっかけになる。

自身の提唱する超小食生活(朝は人参ジュース、昼は生姜紅茶、夜は和食)を続けながら、年間365日休みなく診察・講演・執筆・メディア対応を行う。その合間に週5日、1日に約10kmのジョギング、週2回のウェイトトレーニングを習慣とし、「運動」「少食」を鍵に、66歳で病気知らずの健康体を保っている。

(引用元:http://ishihara-yumi.com/profile.html)

この石原先生、けっこうお茶目らしく、3000回以上をこなしてきた講演会ではギャグが一杯詰め込まれているようです。(笑)

しかも、深刻な病気をかかえている方もいらっしゃり、あんまりウケてないんだとか。(笑)

笑うとNK(ナチュラルキラー)細胞が4~5倍にも増えて、ガンなどの腫瘍系の病気や感染症の悪い細胞を退治してくれるので、人間辛い時ほど笑った方が良いんですけどねー。

だから、石原先生もギャグを連発するんじゃないのかなーと思います。

 

PAGE 1 PAGE 2

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す