健康診断の前日に断食が必要な理由

社会人になるとどこでも年に1回は健康診断があるのではないでしょうか。

面倒ですよねー。

何が面倒って、前日に断食しなければならないところ。

痩せたくもない人には、鬱陶しい作業だと思います。

なぜ断食しないといけないのか、断食の仕方は?

今回は、そんな疑問にお答えしようと思います。

健康診断の前日に断食が必要な理由

DarkoStojanovic / Pixabay

健康診断前に断食が必要な理由は主に3つです。

 血糖値の上昇を防ぐ

どんな食べ物であろうが、食べれば少なからず血糖値が上昇します。

健康診断は、素の状態のあなたを調べるためのものですから、食品によって血糖値を上げてしまうと、適切な結果を得られなくなります。

高血糖のまま診断を受けると、もしかしたら、糖尿病と判断されてしまうかもしれません。

あとあとややこしくなるので、ここは素直に断食しておきましょう。

 バリウムを行き渡らせる

バリウム検査の前に、バリウムを大量に飲みますよね。

しかし、胃の中に食べ物が溜まっていると、バリウムが全体に行き渡りづらくなり、検査がしにくくなります。

適切な結果が得られなくなるので、断食をしましょう。

Sponsored Link

 胃カメラが見やすく

人間ドッグを受ける場合、バリウム検査か胃カメラかを選ばないといけません。

胃カメラを選ぶ場合も、胃に内容物があると検査がしにくいので、結局断食が求められます。

 

PAGE 1 PAGE 2

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す