肌断食での正しいメイク落とし法とは?

肌断食でもメイクはしたいですよね。

ずっとノーメイクってわけにもいきません。

しかし、メイクをしたら当然それを落とす必要があります。

出来るだけ負担にならないようにメイクを落とすにはどうしたらいいのでしょうか?

調べてみました。

肌断食でのメイク

メイクを落とす前に確認しておきたいのが、化粧品は何を使っているかということ。

上の記事でクレンジングなしでも落ちやすい化粧品を紹介しています。

どうやってメイクを落とすか考える前に、落ちやすいメイクをするのが大切ですね。

肌断食中だけどメイクがしたい!落とし方は?

肌断食中に止むを得ずメイクしてしまった場合、優しく落とすことが大切です。

部分別に確認していきましょう。

ベースメイクの落とし方

 

使うのは”純石鹸”です。

純石鹸とは、植物原料などで作られた無添加の石鹸のことですね。

自然にも肌にも優しい石鹸です。

しかし、界面活性剤は配合されているので、使うのはメイクした時だけにしましょう。

ベースメイクは全てこの純石鹸で落としてしまいます。

ポイントとしては

☑十分に泡立てること。

☑絶対にこすらないこと。

この2つですね。

泡立てネットを使うのが良いでしょう。手が顔に触れないほど、泡のクッションを作りましょう。

泡で肌を抑えるようにして、優しくほぐすようなイメージでメイクを落としていきます。

そして、洗うのは1度だけ。

1度洗い流してしまったら、メイクがまだ残っているからといってもう一度洗顔し直すのは止めてください。

そのメイクは、翌朝ぬるま湯で落とせばOKです。

時間が経てば落ちやすくなっているはずなので、一度に頑張って落とそうとする必要はありません。

 

繰り返しますが、ポイントは肌に優しくと言う部分です。

メイクを完全に落とすのは二の次ってことですね。

Sponsored Link

ポイントメイクの落とし方

ポイントメイクを落とす際も純石鹸を使います。

ただし、無添加と言ってもアルカリ性で、目に入ると普通に痛いので、綿棒で慎重に落としていきます。

水で純石鹸を薄め、それを綿棒に染み込ませて、トントンと叩くようにメイクを落としていきます。

洗い流しやすいメイクを使っている場合、これだけでもけっこう簡単に落とせるはずです。

間違っても強くこするのは止めましょう。

どうしても落とせない場合、ワセリンを塗ってから綿棒で優しく拭き取ると簡単に落ちてくれるはずです。

口紅の場合は、綿棒ではなくコットンを使った方が落としやすいでしょうね。

純石鹸の泡でベースメイクと一緒に落としても構いませんが、それでも落ちない場合は、コットンで優しく拭き取るようにしましょう。

 

PAGE 1 PAGE 2

Sponsored Link
Sponsored Link

当サイトオススメの酵素ドリンク(※スマホの方は右にスクロールすると見れます。)

Fixr Express Pip Camera_1453439394896

 優光泉
 価格  7,992円/1100ml
オススメ度
特徴 完全無添加・返金保証・原液100%
レビューページを見る
断食経験者の話を聞く
 IMG_20160201_153636
 毎日酵素
 価格  6,980円/720ml
オススメ度
特徴 完全無添加・原液100%
レビューページを見る

 

IMG_20160201_152057

 野草専科
 価格 2,940円/360ml
オススメ度
特徴 完全無添加・原液100%
レビューページを見る

 

案内
巻物 薄い緑 巻物 青 巻物 赤
巻物 紫 巻物 ピンク 巻物 緑
318829

コメントを残す