メイクしたい人が肌断食で注意すべきこと!

肌断食にチャレンジしたけど、メイクもしたい。

当然だと思います。

基本的にメイクアップはNGな肌断食ですが、ずっとノーメイクってわけにもいかないでしょう。

今回は、肌断食中にメイクする時の注意点について紹介したいと思います。

肌断食中もメイクしたいけど・・・

Gromovataya / Pixabay

忘れないで欲しいのは、肌断食中、メイクは基本NGだということ。

このことは変わりありません。

仕事がある日も、アイメイクだけ施して、あとはマスクで隠す!

これが効果をより早く感じるための鉄則です。

ただ、仕事上、どうしてもメイクしなければならない日とかありますよね?

今回紹介するのは、そんな時のための最終手段です。

毎日メイクOKというわけではないので、今一度確認しておきましょう。

メイク前にワセリンを使ってもOK

で、オススメのワセリンについて紹介しました。

良いものになってくると、透明度が高く、化粧前の下地に使っても邪魔になりません。

また、肌を保護してくれるので、乾燥が気になる場合、化粧前のワセリン使用はおすすめです。

ただ、上の記事でも書いたんですが、化粧品によってはワセリンが既に入っていることもあるので、ダブルで使ってべたべたにならないよう注意してください。

保湿しすぎると、肌断食の効果を実感できなくなってしまいます。

ワセリンですが使う場合は、塗った後すぐにメイクするとさすがに崩れやすいので、塗ってしばらく放置してからメイクし始めることをおすすめします。

また、ワセリンは保湿力が凄く、なかなか乾かないので、かなり薄めに塗っておいた方がいいかなーとも思いますね。

Sponsored Link

肌断食向けのメイク用品

基本NGなメイクですが、どうしてもという場合、以下の3点に注意して化粧品を選ぶようにしましょう。

・クレンジングなしで簡単に落ちること

・肌に優しいこと

界面活性剤の少ない物を使う

 

この3つです。

クレンジングはとにかく避けたいですね。洗浄力が強すぎるので。

ポイントメイクをする場合でもクレンジング無しでサラッと落ちるものを使うのがいいでしょう。

また、肌に優しいことは大前提です。

防腐剤たっぷりとかは絶対やめてください。肌の常在菌が死んでしまいます。

そして、特に注意してほしいのが界面活性剤

これも洗浄能力が高すぎますね。角質層を壊し、せっかく出来かけていた肌のバリアを破壊することになりかねませんから、界面活性剤が入っていないメイク用品をチョイスしましょう。

それでは、ここからメイク用品別のオススメ商品を紹介したいと思います。

 

 

Sponsored Link

ファンデーション

ファンデーションを選ぶ際、チェックすべきは

☑粉状のファンデ―ション

☑UV機能なし

の2点。

リキッドファンデやクリームファンデは、肌荒れなど気になるポイントを隠せるのは良いんですが、肌に入り込みやすく、落とすのが非常に困難。

肌断食中は、クレンジングしませんから、より落とすのが難しくなっているんです。

なので、粉状のものを選ぶようにして下さい。

また、UV機能が付いているものもNGです。大抵、クレンジング必須なので。

どうしてもUV対策したい方は、別で日焼け止めを買ってください。

肌断食中は、防止だったりマスクだったりで紫外線対策すべきですが、シミは怖いですもんね。

サッと落ちる日焼け止めを薄く塗るくらいなら問題ないでしょう。

さて、以上のチェックポイントを踏まえた上でオススメなのが、ミネラルファンデーションというもの。

これは何かというと、名前の通り天然ミネラル成分で出来たファンデーション。

先ほど述べたような界面活性剤や防腐剤は含まれておらず、クレンジングなしで洗い流せるのが特徴ですね。

肌断食にはピッタリかと思います。

 

 

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す