断食と瞑想が精神に与える絶大な効果!

瞑想と断食は非常に相性がいいです。

瞑想は古来から行われてきていますが、ストレス社会と言われている現代こそ、瞑想して心をほぐすことが必要なのかもしれません。

最近、集中力がなかったり、疲れているなーと感じている人、気軽に出来るのでぜひ試してみてください。

瞑想の歴史は深い

ecowa / Pixabay

インドでは、5000年前から親しまれている方法みたいですね。

ヨガと組み合わせて、より効果的に精神を高めていたみたいです。

更にさかのぼれば、イエス・キリストも瞑想をしていたと聖書には書かれています。

心を穏やかにし、あらゆる欲から解放されることが必要だと考えられていたんですねー。

しかし、今はそういった目的で瞑想(メディテーション)するわけではありません。

単純に、自分がリラックスするために行うんです。

目的は違えど、先人が残してくれた瞑想というリラックス法。

この機会に試してみませんか?

Sponsored Link

瞑想の精神効果

瞑想を行うことで精神的に色々な効果が得られます。

イエス・キリストとか書くと、宗教臭くなりますが、ちゃんと科学的にも証明されてきている効果です。

例えば、、、

・リラックス効果

瞑想をすると、脳からα波が出ます。これは心をリラックスさせる効果があり、心をほぐすと体の緊張も解け、これが筋肉などのコリにも効いていきます。

・うつ病防止

瞑想によって頭がクリアになります。未来や過去ではなく、現在に意識を当てていくので、将来の不安などを取り除き、ポジティブな発想へと切り替わります。また、この方法を覚えることでストレスにも強くなり、不安症やうつ病にも効果的だと言われいます。

・集中力アップ

集中力アップも望めます。これは先ほども言ったように、頭がクリアになり、雑念を払うことが出来るからです。同時に作業効率も上がりますから、仕事疲れなどある方にもおすすめです。

 

 

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す