週末断食にはぜひヨーグルトを使って下さい!

これから週末断食を実践しようと思っている方、特に初心者の方!

ぜひともヨーグルトを使ってください!

ヨーグルトを使うことで、アトピー改善効果をアップさせたり、満腹感があるのでおすすめです!

今回は、ヨーグルトを使った週末断食のやり方を説明したいと思います。

週末断食に使うヨーグルトを選ぼう!

pelambung / Pixabay

まずですが、ヨーグルト選びから始めましょう。

ヨーグルトにも色々ありますからね。どんな種類の菌が配合されているかなど調べてみましたので、参考にしてください。

明治ブルガリアヨーグルト

最もポピュラーなヨーグルトですよね。とにかく味に癖がない。

シリアルと食べても、サラダに入れてもOK。なんとでも合うのが良いところです。

含まれているのは、「LB81乳酸菌」というもの。ブルガリア菌とサーモフィラス菌がブレンドされているみたいですね。ブルガリア菌は腸内で住むことは出来ませんが、乳酸を作るのに役立ちます。また、サーモフィラス菌は、ブルガリア菌と助け合って、腸内細菌をサポートしてくれます。

まろやかな風味を作る上でもこの2つはなくてはならない存在です。広く親しまれているだけのことはありますね。

朝食Bifix

これは僕一押しのヨーグルト。どこがって、とにかく美味しい(笑)

さらにプロバイオティクスヨーグルトなんですよね。腸まで生きて届くってことです。

使われているBifix菌は、腸内で生きるだけではなく増殖してくれます。勝手にお腹の中でファミリーを作ってくれるんですね。その数10倍!!

これはグリコがしっかり研究した結果なので、根拠も十分。安心して効果がある!と言えるヨーグルトだということです。

増殖することで、免疫力や美肌効果もより実感できるようになっています。

Sponsored Link

ダノンビオ

ダノンビオが売りにしているのは、高生存ビフィズス菌。BE80菌というものです。

大抵のビフィズス菌は、腸内まで無事辿り着いても、すぐに死んでしまいますが、ダノンビオは5種類の菌をブレンドすることで、腸内でも長く生きられるように工夫しています。

これにより、整腸作用を長い間実感できるということです。

明治ヨーグルトR-1

このヨーグルトのキャッチフレーズは”強さ引き出す乳酸菌”。

1073R-1乳酸菌というものを使っています。(お笑いとは何の関係もありませんw)

これはちょっと特殊なヨーグルトで、NK細胞を活性化させてくれるんだとか。ちなみにニューキラー細胞と読みます。

インフルエンザや風邪ウイルス、それから癌細胞までやっつけてくれる心強い細胞の活性化が可能だということで、”強さ引き出す”って言葉が使われているんですね。

マウスを使った実験で、既に調査済みのようですし、季節の変わり目なんかに食べると、風邪予防になるかもしれません。

ナチュレ恵

ナチュレ恵に含まれているのは、ガゼリ菌とビフィズス菌。数ある乳酸菌の中から、日本人に合うものを選んでブレンドしたようです。

乳酸菌が合わないと、逆に体調を崩してしまうこともあるらしいですからね。結構重要なポイントです。

腸で長く生き続けられることも実験済みで、これを継続して食べると、健康的な便になったというモニター結果も出ています。

ビヒダス

ビヒダスに使われているビフィズス菌BB536は、人の腸内にもともと住んでいる乳酸菌なんだそう。なので、合わないわけがないんですね。

整腸作用の他にも、感染症やアレルギー症状を抑えることが出来ると考えられています。

カスピ海ヨーグルト

善玉菌のチカラ

アトピーを治したいのであれば、こいつ一択でしょう。

これに関しては、

で詳しく書いていますので、そちらをどうぞ。

 

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す