うどんをすすれば断食の回復食は絶対はかどる。

おかゆに次ぐ回復食のド定番メニューは、やはり”うどん”でしょうね。

お腹に優しいイメージがありますし、回復食にピッタリな感じがします。

寒い日で、断食後となれば、抜群に美味しいでしょうね。

今回は、レシピと共にうどんの魅力について紹介していきたいと思います。

sponsored link

本当にうどんは消化に良いのか

fas / Pixabay

消化に良いらしいというイメージはしっかり定着していますが、実際のところどうなのでしょうね。

そもそも、うどんの主成分である炭水化物というのは、タンパク質や脂質に比べて、非常に吸収効率がいいんです。

ですから、ご飯や他の麺類も肉や魚などを食べるよりは早く吸収されるんですね。

しかし、その中でもうどんは特別です。

そうめんやラーメンは油を使って製麺するため、消化効率が若干下がってしまうのですが、うどんはそのようなことがないので、本当に消化に良いんです。

風邪の時にも、うどんはおすすめですよ。

うどんを食べる上で、注意点がいくつかありますからここで紹介しておきますね。

・きちんと噛んでから飲み込むこと。

のど越しを楽しみたいがために、あまり噛まずに飲み込んでしまう方がいますが、消化に悪いのでやめましょう。胃に負担がかかってしまいます。きちんと噛み、唾液を出して、胃の負担を減らしてあげることが必要です。

・具材に注意

まず、肉を入れるのは避けましょう。消化効率が悪くなります。また、色々と具材を入れすぎるのも止めましょう。具だくさんにし過ぎると、うどんを食べている意味が無くなってきます。

・コシが強すぎてはダメ

あまりにコシが強すぎると、消化に悪くなります。お好みはあるでしょうが、回復食の時は柔らかいうどんを食べるようにして下さい。

 

PAGE 1 PAGE 2

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す