肌断食におすすめのワセリンはどれ?

肌断食を行う上で、ワセリンは必須ツールです。

程度の差はあれ、必ず乾燥するので、誰もが使うことになるでしょう。

唯一の保湿用品ですから、良いものを選びたいですよね。

ということで、今回はどのワセリンが良いのかを調べてみました。

肌断食になぜワセリンなのか

condesign / Pixabay

数ある保湿剤の中でなぜワセリンが選ばれるのでしょうか?

代用は利くものなのでしょうか?

ワセリンの良いところは・・・

☑酸化しにくい

☑保険がきいて安く手に入る

☑細胞を適切に保護してくれる

☑余計な成分が入っておらず無害である

という4点です。

酸化しにくいのは嬉しいですね。酸化したものを肌に塗布してしまうと、ダメージを与えてしまいかねませんから、劣化しにくいというのは重要なことです。

さらに化粧品ではあり得ないことですが、皮膚科に行けば保健がきくので安く手に入れられます。ついでに肌断食をしていることを医師に伝え、アドバイスをもらってくると良いでしょう。

また、皮膚が剥がれたりするのをしっかり保護してくれるのも他の化粧品にはないところ。病院でも積極的に使われています。

そして、無害。純度の高いワセリンは飲み込んでしまっても大丈夫なんだそうです。安心・安全が一番ですね。

この4点があるので、肌断食ではワセリンがプッシュされているというわけです。

Sponsored Link

ワセリンの使い方

ワセリンの使い方についてですが、基本的に乾燥した部分に薄ーく塗って使ってください。

間違ってもべった塗りしないように。

角質層をふやけさせてしまい、肌断食に影響が出ます。

日中は、乾燥で粉がふいてしまったりすると気になるでしょうから、積極的に使ってもらって構いませんが、乾燥がそれほどでもない場合、夜の使用は控えるようにしましょう。

また、プチ肌断食をされている方で、昼間はメイクしたいって場合、化粧下地に使うのがベストでしょう。

ただこの場合、化粧品にワセリンが入っている場合もあるので、よく成分を確認してから使うように。

 

PAGE 1 PAGE 2

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す