みんな知りたい1日2食が太る理由・痩せる理由。

みんな知りたい1日2食が太る理由・痩せる理由。

で、1日2食のやり方について説明しましたが、「1日2食は太るんじゃないか?」というイメージが強いみたいですね。

実際のところ、1日2食は太るのか、それとも痩せるのか?

調べてみました。

1日2食が太るというイメージ

OpenClipartVectors / Pixabay

1日2食が太ると思われているのはなぜなんでしょうか?

多分ですが、力士の食生活が1日2食で行われているからではないかと思います。

力士は朝稽古があるので、ブランチ&夕食という生活になっています。

このため、1日2食なんですね。

別に太るためではありませんよ?

というか、お相撲さんが太っているという表現はあまり適切ではありません。

確かに巨漢ですが、体脂肪率は20%ほどの人が多く、意外と筋肉が多いのです。

中には10%以下の力士もいるんですよ?

力士は体を大きくするのも大切ですが、それが脂肪ばかりでは困るわけです。

当然、力士も脂肪より筋肉をつけたいわけで、だから1日2食が太るためではないということがわかると思います。

1日2食はやっぱり太る?

「1日2食にすると、太る!」と言っている方は恐らく、3食分のカロリーを2食で摂っているんでしょうね。

これは太ります。

1日2食にすることで、多少栄養の吸収率が上がっていますから、同じカロリー数を摂ってしまえば太ることになるでしょう。

また、朝食を抜くことで、昼にドカ食いしてしまうようであれば、1日2食はやめて、3食にしておくべきです。

ドカ食いはホントに体に悪いので。

Sponsored Link

1日2食が痩せる理由

一方、1日2食が痩せると考えられているのはなぜでしょう?

これは当然、1食分のカロリー数が減るからですよね。

300~500kcalくらい浮くでしょうから、今よりも痩せていきます。

また、最初はちょっと慣れない1日2食も、続けていけば、胃のサイズがその生活にフィットしてきます。

つまり、それほど食べなくても、お腹が空かない胃腸になってくれるのです。

我慢するのではなくて、自ずと食べなくても平気になると言うのが、1日2食の凄いところです。

ただ、これもドカ食いをしてしまうと、大量の食物で胃が大きくなってしまい、台無しなので、あくまでも1食のカロリーコントロールはしっかり行った上での効果です。

 

PAGE 1 PAGE 2

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す