断食におすすめの市販野菜ジュースはコレだ!!

野菜ジュース断食を始める方!

どの野菜ジュースにすればいいか迷ってしまいますよね。

カゴメなのか伊藤園なのか・・・。

そこで今回は、断食に使える市販の野菜ジュースを比較してみました。

断食におすすめの市販野菜ジュース

condesign / Pixabay

初めにですが、野菜ジュースにそれほど期待するのは止めましょう。

ビタミンもパッケージで謳われているほど、バランスよく摂れるわけではありません。

ビタミンCやBは特に弱いので、そこは他にサプリなどで補強した方がいいかもしれませんね。

他に選ぶ際の注意点ですが、あまり糖質が高くないもの・カロリーが高くないものをチョイスしましょう。

断食は、ある種炭水化物抜きダイエットの延長線上にあると言えます。

炭水化物=ブドウ糖を抜くことで、ダイエットが効率的に運んでいくのです。なので、糖質が高すぎると、問題です。

1日にコップで3杯以上飲むものですから、成分には気を付けてください。

 野菜生活100


原材料 野菜(にんじん、ピーマン、ほうれん草、アスパラガス、小松菜、クレソン、かぼちゃ、紫キャベツ、ブロッコリー、メキャベツ(プチヴェール)、ビート、赤じそ、セロリ、レタス、はくさい、ケール、パセリ、なす、たまねぎ、だいこん、キャベツ)、果実(りんご、オレンジ、レモン)、香料
栄養成分 エネルギー:64kcal、たんぱく質:0.8g、脂質:0g、糖質:14.8g、食物繊維:0.3〜1.2g、 ナトリウム:0〜150mg、カルシウム:13mg、カリウム:340mg、ビタミンK:0〜13μg、 葉酸:1〜12μg、α-カロテン:1100〜6100μg、β-カロテン:3900〜12000μg、 ショ糖:3.4〜6.7g

まー、よく見ますよね。フルーツたっぷりで、食物繊維のドロドロ感も少なく、美味しくて飲みやすいのがこれの良いところです。

ただ、やっぱりちょっと甘すぎる感はあるんですよね。

断食中にはちょっと向かないかもしれないです。飲むにしても飲み過ぎないように注意した方がいいでしょう。

Sponsored Link

 野菜一日これ一本


原材料 原材料:野菜(トマト、にんじん、メキャベツ(プチヴェール)、ケール、赤ピーマン、ほうれん草、モロヘイヤ、ブロッコリー、レタス、セロリ、しょうが、紫キャベツ、赤じそ、よもぎ、チンゲンサイ、カリフラワー、クレソン、パセリ、かぼちゃ、アスパラガス、たまねぎ、ビート、だいこん、小松菜、紫いも、あしたば、はくさい、なす、グリーンピース、ごぼう)、レモン果汁
栄養成分 エネルギー:69kcal、たんぱく質:2.4g、脂質:0g、糖質:13.7g、 食物繊維:1.2 〜2.9g、ナトリウム:0 〜220mg、 カルシウム:27 〜66mg、カリウム:700mg、鉄:0.2 〜1.8mg、 マグネシウム:33mg、ビタミンE:2.7mg、ビタミンK:11μg、 葉酸:10 〜83μg、β-カロテン:4000 〜15000μg、ショ糖:3.0 〜5.4g、リコピン:17mg

野菜生活100が好きな方は、こちらだと合わないかも。

かなり青臭くなっています。ザ野菜ジュースって感じです。

というのも、添加物や砂糖が使われていません。

野菜本来の甘さを楽しみたい方にはおすすめです。

 

PAGE 1 PAGE 2

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す