断食の回復食にヨーグルト・甘酒がめっちゃ良いと噂を聞いた。

断食の回復食にヨーグルトはいいのか、悪いのかという疑問を持つ方が結構いるようです。

結果から言うとOKなのですが、どういった理由で良いのかご存知ですか?

ちなみに、甘酒も回復食向けの食品だそうです。

つまり発酵食品がお腹に優しくて良いんですね。

今回は、発酵食品の魅力に迫ってみたいと思います。

sponsored link

発酵食品(ヨーグルト・甘酒)が回復食に良い理由

発酵食品とは

57fef2c370839de3841d45e0c1a4acd7_m

さて、発酵食品とは何なのでしょうか。

腐っているのとは違います。物が腐る場合は腐敗菌が働いていますが、発酵する場合は菌や酵母が食品を酸化させており、微生物により新たな食品を製造します。

酸化されて出来た食品を発酵食品と言うのです。

パンや納豆、味噌、かつお節、チーズ、バター、そしてヨーグルトや甘酒も発酵食品ですね。

発酵することで、栄養価も上がります。食品が持っていた健康効果を向上させたり、僕たちの体に吸収しやすくしてくれたりするのです。

また、風味なども変え、香り高い食品を作り上げてくれるのも発酵の魅力です。

かつお節や醤油などを考えて頂ければ分かりやすいかと思います。

更に食品を発酵させた菌は、腐敗菌の繁殖を妨げるので、保存もかなり効くようになるのです。

微生物が美味しくて便利な食品を作ってくれていたのですね。

 

善玉菌と悪玉菌

190193

善玉菌と悪玉菌って知っていますか?

なんとなく聞いたことはありますよね。

その名の通り、善玉菌は正義で悪玉菌は悪です。

善玉菌は、消化吸収や免疫力保持など生命活動に必須の働きをしています。

逆に悪玉菌は、じわじわと僕たちの体を傷つけ、内臓器官を弱らせたりします。

悪玉菌もある程度は必要なんですけどね。

しかし、やっぱり善玉菌が多い方が、体内バランスとしては望ましいでしょう。

多くの発酵食品には、乳酸菌が豊富に含まれています。

この乳酸菌が善玉菌を増やすのに貢献してくれるのです。

ですから、発酵食品を積極的に摂って善玉菌を増やそうねというお話です。

 

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す