効果抜群!ヨーグルトを使ったプチ断食のやり方!

プチ断食の代表格として有名なのが、”ヨーグルト断食”です。

回復食としても超優秀なヨーグルトでしたが、(➡断食の回復食にヨーグルト・甘酒がめっちゃ良いと噂を聞いた。)今回は断食の主役となって登場ですね。

プチ断食の醍醐味は辛くない・気軽に出来るということですが、このヨーグルト断食は見事にそれを体現してくれています。

万能選手ヨーグルトについて紹介していきますので、良かったら参考にして下さい。

なぜ断食にヨーグルト?

Unsplash / Pixabay

Unsplash / Pixabay

さて、数ある食品の中でなぜヨーグルトが選ばれたのでしょうか?

ヨーグルトは牛乳から作られる発酵食品ですよね。

納豆やかつお節なども発酵食品ですが、その中でも特に、ヨーグルトはお腹に優しいと考えられています。

腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌の増加を抑制してくれますし、ビフィズス菌もまた同じような効果が期待できますから、Wパンチでお腹に優しいんです。

断食中に食べるものの条件として、”消化が良い”、”お腹に優しい”ものというのが大前提にありますから、これをクリアーしたとして、ヨーグルトが選ばれたのでしょう。

最も身近な健康食品と呼べるのではないでしょうか。

Sponsored Link

準備するもの

では、ヨーグルト断食に必要な物をざっとまとめます。

回復食は一応ここではおかゆと味噌汁ということで「準備するものリスト」に載せておきますが、こちら(➡回復食について)でご自分の好きな回復食を選んでくれればと思います。

普通の断食であれば、「絶対におかゆにしておくべき!」と言うところですが、ヨーグルトとはいえ食べ物を摂取しながらの断食なので、そう神経質になる必要はないでしょう。

・ヨーグルト(1日だけ行う場合は200g)(3日行う場合は500g)

・炭酸水か野菜ジュース(お好きなだけ。ただし野菜ジュースは飲み過ぎないように。)

・おかゆ+味噌汁1食分 

さて、準備はできましたか?では早速ヨーグルト断食のやり方に入っていきたいと思います。

 

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3 PAGE 4

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す