「絶食して何日目で人は死んでしまうのか」という素朴な疑問。

吹き出し見出し
イラスト付き吹き出し本文

今回は断食というよりは”絶食”について考えてみたいと思います。

俳優の榎木孝明は断食で腰痛が治った!? で紹介していますが、俳優の榎木孝明さんは30日間の不食生活を無事に終えています。

人間は絶食を始めて何日で「死」というものに直面するんでしょうか。

そんなに長く絶食する方はいないと思いますが、純粋に気になったので調べてみました。

sponsored link

絶食して何日で死んでしまうのか。

さて、早速調べてみたのですが、水ありの場合となしの場合で生きられる期間に大分開きがあることがわかりました。

水ありの場合

Hans / Pixabay

水だけを飲む生活でどれくらい生きられるんでしょうか。

これにも諸説あります。

こんなもの統計データなんて取れませんから(笑)、いろいろと説があるのは当然です。

水ありっていうことはある種「断食」ですね。最近は酵素などを取り入れているのが当たり前になっていますが、栄養補助食品を摂りつつ行うのはどちらかと言うと”ファスティング”と呼ぶ方が適切です。

だから水だけ飲んで絶食は「断食の本来あるべき姿」とも言えるんです。

さて、話が早速脱線しましたが(笑)、理論的には3ヶ月生きながらえることが可能と言われているようです。

めっちゃ長いですよね?

「そんなに人間って丈夫に出来てるのか―。」と感心しました。

ただし、あくまでこれは理論上のお話。

一般的には1週間と考えられている様です。

え、ザコっw

まあ、でも実際にデータが取れませんからわからないですね。

実際、榎木さんは30日絶食状態で大丈夫だったわけですし。

 

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
Sponsored Link
Sponsored Link

コメントを残す